株式会社と合同会社の設立サポート


専門家に任せて印紙代4万円の節約!

株式会社・合同会社 いずれの設立にも対応可能
お客様のご希望にあったコースをお選びください。
下記コース以外にも細かなニーズにお答えします。
見積無料

設立手続代行69,000円(京阪神地区のみ)
自分の仕事に専念したいので、できる限り代行してもらいたいとお考えの方に

設立書類作成コース39,000円(全国対応)
書類の提出や受け取りに行くぐらいはできるので、書類の作成のみを依頼したいとお考えの方に

電子定款作成コース10,000円~(全国対応)
公証役場での手続きや法務局での登記申請は自分でするので電子定款のみを作成してほしいという方に

 

全てのサービスに共通するのは、
設立する会社の基本事項(会社名や役員、資本金等)の内容をヒアリングさせていただきます。
その内容をもとに当事務所が手続に必要な書類を作成・手配しますので
お客様は難しい用語や手続についてわざわざ調べたりする必要がありません。

 

お客様にしていただく作業

お客様にしていただくことは、とっても簡単です。
ご依頼後は、適時ご説明とサポートをさせていただきます。

①FAXかメールでヒアリングシートの返信 ※記入説明付き
もしくは、お電話でのヒアリングに対するご回答
(設立する会社の内容についてお聞きします会社設立にあたって検討することはこちら

②FAXかメールで印鑑証明書等を送付(発起人および取締役となる方のもの)

③書類への捺印、ご返送

資本金の払い込み(出資する代表者の個人口座へ資本金の払い込み)

⑤会社印鑑セット(代表者印・銀行印・角印)のご用意

会社設立登記の際に、設立する会社の会社印(法人印)が必要となりますのでご購入ください。
当事務所でも会社代表者印・銀行印・角印の3本セット(材質:柘植)ケース付を1万円でご用意することも可能ですので、ご希望の場合はお申し付けください。

フルサポートコース以外をご依頼の方は、以下の作業にもご協力いただきます。
詳しくは、随時ご案内させていただきます。

⑥最寄りの公証人役場で書類の受け取り(株式会社の設立のみ。合同会社はこの手続きは不要です)

⑦法務局へ書類のご持参もしくは郵送での提出

 

専門家に任せた方が時間とお金の節約になるワケ

 

会社設立の際には大きく分けて2つの手続を経る必要があります。
ひとつは「定款作成・公証人役場での認証手続」もうひとつは「法務局での設立登記手続」です。

このうち「定款作成」の際に、通常の紙の定款を作成すると課税文書として4万円の印紙を貼る必要があります。しかし、紙ではなく電子データの「電子定款」を作成することによって収入印紙代 4万円が不要になります。

それじゃあ、自分でその電子定款を作ってみようかな…と思われるかもしれませんが
「単純にPDFの定款を作って終わり」ではありません。
電子定款を作成するためにはPCソフトの導入などの環境整備にかかる費用で4万円以上かかってしまうので
ほとんどの場合は、お金と時間のムダになってしまいます。

そこで、我々のような電子定款対応の専門家に依頼していただくことで時間と費用を節約することができるのです。

 

  • TEL 078-935-1930 /  FAX 078-330-8981(月~金 10:00~19:00土日・祝日定休日)
  • お申し込みはこちら